Home >> ガン予防の食べたい野菜スープや役立つジュースなど

ガン予防の食べたい野菜スープや役立つジュースなど

現在の死亡の原因として、ガンがあります。体のあちこちにガンはできてしまいます。

例えば肺ガン、胃ガンなどがありますし、男性特有の前立腺ガンもあれば、女性特有の乳ガンや子宮ガンもあります。このように体のあらゆる部位にガンはできるのも、怖い病気の理由となっています。

食べ物からガンを予防する

ガンの予防として1つには、抗酸化作用が必要とも言われています。

これは、美容だとアンチエイジングになるとして、女性たちの関心も高いでしょう。体の酸化はやはりさまざまな悪影響を及ぼします。

その中でも、ガンやという影響を及ぼすこともあります。そこで、体を酸化させない、つまり老化を少しずつでも抑えていくことが予防にも繋がるということです。

その予防ですが、より健康的にしてみたいと思いませんか。そうなると、その方法としては、食べ物を利用するという手があります。食べ物の健康という点から、ガンを防ごうというのです。

ガンの予防になる食べ物とは

まずは、にんにくです。海外の研究ではかなりガンの予防につながると高い評価を得ています。

というのも、やはり高い抗酸化作用をもっていて、切ったり、おろすことでより成分の変化がおこり、体により働きかけてがんの予防となるようです。

次にキャベツです。キャベツにはたくさんのビタミンが含まれています。

そのビタミンの中でも、ビタミンUが、胃潰瘍によくきくとも言われています。また、ビタミンCも活性酸素にもきいてくれるので、体の酸化を防げます。あと、重要なのがイソチオシアネートとペルオキシダーゼを持っているということです。これらは発ガン性物質ができるのを防いでくれたり、また体にできたガン細胞が増えるのを防いでくれます。ガン予防にもなりますが、ガンの進行を抑えるのにも期待することができます。

次はブロッコリーです。ブロッコリーには、スルフォラファンという成分があります。これは、抗ガン作用があるとも言われています。ブロッコリーは、小さくて食べやすいので、普段の食事にも取り入れやすく、他の野菜よりも利用しやすいでしょう。今だとブロッコリーの新芽のブロッコリースプラウトにも注目が集まっています。

先に書いたスルフォラファンが、成熟したブロッコリーよりも多いということで、より効果を期待することができます。

他にもニンジンや大根やパセリやトマトなどもガンの予防として、注目されている野菜です。これらを少しずつでも、食事のなかにとりいれておくと、ガン予防にも繋がっていくでしょう。食べ物の健康になる力を利用してみましょう。

© 2017 おすすめ食べ物健康にいいプラザ