Home >> ブロッコリースプラウトや茹で方次第で食事に変化をもたらす

ブロッコリースプラウトや茹で方次第で食事に変化をもたらす

普段の食事で、あなたはブロッコリーを食べますか。独り暮らしで自炊をする人や結婚して家庭のある人だと、料理で使っているなんて人も多いでしょう。

しかし、自炊をしていなかったり、外食が多い人だと、あまり食べないかもしれません。

しかし、以外にも今、そのブロッコリーの持つ効果にもちゅうもくが集まっています。

ブロッコリーの持つ栄養とは

ブロッコリー自体は独特の歯応えもあり、大きさも小さいので食べやすいです。また家での食事でも使いやすいのですが、弁当などにも入れやすくて、利用しやすいとも言えます。

見た目にも可愛いので、料理のインパクトにも効果的です。そんなブロッコリーですが、結構重要な栄養素を持っています。たとえば、ビタミンCやベータカロテン、ルテインといった抗酸化作用をもった栄養です。

抗酸化作用を持つと、体が酸化しにくくなり、それによって体の酸化が防げるようになります。それだけ体が若く保てるようになるということです。

普段の生活においては、紫外線や車の排気量ガス、喫煙、ストレス、栄養不足などさまざまな点から、体が酸化しやすくなっていて、それだけ楼かも進みやすくなります。すると、動脈硬化やガンといった重い病気まで、発症しやすくなるのです。

それを抗酸化作用によって、防いでくれるのです。

ブロッコリーの場合には、先に書いた3つの栄養がそれぞれ高い抗酸化作用を持っているので、食べることで、より高い効果を期待できるのです。

抗酸化作用のほかにも、効果を期待できることとして、ガンの予防にもなるのではと注目を集めています。

ガンの対策となる食べ物も多くありますが、その成分としてイソチオシアネートやスルフォラファンを含んでいます。これらによって、体の中からガン予防になるのではと言われているのです。
イソチオシアネートは、発ガン性物質の働きを弱くしたり、ガン細胞が増えるのを抑える働きがあるとも言われています。

また最近では、ブロッコリーが成長したのよりもまだ新芽のころのものを食べた方が言いと言う声も出てきています。

それを受けてか、ブロッコリースプラウトというものも販売されています。まだ新芽なんのですが、もちらん問題なくたべられます。また栄養もさらにたかくなっていたりして、少ない量でも効果を色々と期待できそうです。

あなたもぜひ、ブロッコリーを食べてみるといいでしょう。食べ物の健康を考える上で、ブロッコリーの価値が高まってきています。

© 2017 おすすめ食べ物健康にいいプラザ